新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0

新製品 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0

通常価格 ¥21,780 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

★★ 9月5日発売予定!!★★

品名 AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)Ver2.0
メーカー AdvaNceD IoT
タイプ Windows  Mac  Android 対応 ビデオカメラ
接続 IF USB Type A  USB2.0
互換性 Mac OS 10.4および以降、Windows XP/7/8/10/11に対応。
その他 解像度 1920X1080 オートフォーカス FHD 1080P ライン長 2m     30f/s カメラ部18X18mm
保証 1年保証
特徴

MEGA-AU(ver2.0)とは、従来の「目線があう」webカメラ(弊社で販売していたもの)を改良して作った固定式の小型webカメラで、モニター上部に固定して使用します。

Zoomなどのビデオ会議をする時、目線がどうしてもずれてしまい、大切な商談や、面談の際にイメージが良くありません。

「目を見て話す=心がこもる=真剣さが伝わる」というロジックは、われわれ日本人にとっては慣れ親しんだ習慣です。この目線がWeb会議ではずれてしまい、話が伝わり難くなっています。

この原因は、ズバリ! カメラの位置にあります。Web会議の時は対話者の顔はモニター画面に映っています。ところがカメラは通常、モニターの上側の淵などに仕込まれています。そのため目線を合わせるためには、モニター上部のカメラを見なければならにのですが、そうすると肝心の対話者の顔やプレゼンテーションの資料などが見づらくなってしまうというジレンマに嵌ります。

AdvaNceD IoT Web会議用カメラ MEGA-AU(メガアウ)は、小型のカメラをモニター中心付近にセットすることで、目線のずれを最大限軽減します。

そう、モニターの中心にカメラがあるので、モニターに映った対話者の顔を見ながら、プレゼンの資料を見ながら、会話ができるので目線が大きくずれることがなくなり、目線の合った面談に理想的な映像を対話者のPCに映します。

しかしながら従来品は、フレキシブルチューブを使用していた為、セットしたカメラ位置がずれやすいという欠点がありました。この点を見直し開発されたのがMEGA-AU(ver2.0)です。

Zoomなどを利用したテレワーク、オンライン授業、会議に最適です。特に、面接や商談など、心のこもった会話を必要とする場面では最大の威力を発揮します。

是非ご利用ください。


 

業界最高のコストパフォーマンス! 優れた遮音性が魅力のテレワークブースも 是非ご検討ください!



この商品をシェアする